酒を週7日→週1に節酒したら、身体の調子がすごく良くなった件

こんばんは、証券マン(@haya4ryo)です。

月末は禿げそうになりながら、どうにか乗り切りました。

辛い思い、誰かと共有したいのだけど、愚痴れる仲間がいなくなってきてます。ツラめ。

年次が上がると、愚痴れる仲間とかっていなくなっていくんですね。なんともいえません・・・。

 

さて、今日はみんな大好きお酒の話題です。

証券会社社員は酒が大好き

こういうイメージあります。

実際、昔に比べて減りましたけど、やっぱり好きな人多いと思います。

新入社員の頃はそんなに毎日は飲んではいませんでした。

ただ、いつからでしょう。

2年目くらいから、先輩と、毎日のように酒を飲むようになり。

気付けば、飲まないと寝れなくなってました。

休日家で一人でも、飲んでしまう。

「一杯だけ」と思っても、二杯三杯と飲んでしまい、ベロベロになるまで止まらなくなります。

給与水準が高いので、毎日飲み歩いてもどうにかなってしまうんですね。

今思えば、半分アル中みたいな感じでした。

でも、最近は違うんです。

呑んでないんです、あまり。

妻の妊娠でやむなく節酒

妻が妊娠して、家で飲みにくくなりました。

あからさまに嫌な顔されるんです。笑

そんなこんなで、意図せぬ感じで、禁酒しております。

酒を飲む行為の意味

酒自体は麻薬に近いものだと思います。

快楽を得る物質を摂取するわけですから、身体に負担がかかっている。

これは間違いないと思います。

快楽を得るかわりに、身体を犠牲にしてる。

何かを得るには必ず、何かを失ってるんです。(ポエムかよ

二日酔いなんて、その典型でしょう。

怖いのは、

毎日の多量の飲酒が習慣化して、常に身体が疲れた状態になっている場合です。

私もそうだったのですが、、、

この場合はできれば早めに禁酒もしくは節酒すべきと思います。

飲酒はストレス発散には全くならない

酒を飲むとストレス発散になる気がします。

私もそう思ってました。

しかし、よく考えるとこれは違います。

現実逃避してるだけなんです。

ストレスの種は消えない上、翌日、体調が悪くなってるので、倍返しでストレスを感じることになります。

不安なことがあるときに酒を飲むと、酔いが覚めたとき、不安が増大します。

要注意。

飲むなら、楽しい気分の時がよいですね。

そろそろ禁酒の効用をまとめたい

禁酒や節酒で得られる効用を、ここに記したいと思います。

必要睡眠時間が減る。

酒を飲まないことで、深く上質な眠りにつくことができます。

これ、飲まない人にとっては当たり前なので気づかない話なんですが。

イメージでは、酒飲まない睡眠6H=酒を多量に飲んでからの睡眠7.5Hかな。

翌日頭が冴える

上と被ります。やはり、頭も冴えるので仕事もうまくいきやすいです。

毎日の、飲酒が習慣化してると、常に頭がボーッとする状況になってる可能性あります。

お金が貯まる

酒代だけでも、かなりお金が浮いてきます。月で30000円はかわってきてますね。

時間の有効活用

呑んでる時間って、楽しいですが、後には何も残りません。

その時間、家族との会話や、運動、勉強に充てることで、人生にとってよりプラスになってきます。

人生は時間の使い方で決まるという人もいるくらいですしね。

まとめ

酒は美味しいし、楽しいです。

でも、アルコールを使って無理に得る快楽ですから、代償もあります。

30過ぎたあたりから、体調を気遣って、少し、お酒控えてみるのも人生にすごくプラスになるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)