【家賃20万→9万へ】支出を減らすため、引っ越しました!!

こんばんは、久しぶりの更新。証券マン(@haya4ryo)です。

もう、仕事で、病みすぎててブログどころではなかったです。

「朝起きたら会社が爆発して消えてればいいのに!! 」

と毎日50回は思ってた気がします!!笑

半分冗談です!! 半分本気です!!

ソニーの決算いい感じだったのでその記事も書きたいですが、今回は身の上話をさせてください。

不労所得の獲得には二通りのやり方しかない

突然ですが、リッチになるには2パターンしかありません。

①収入を増やす

仕事を頑張ったり、資産運用頑張ったりして、お金を増やす作業ですね。大切です。

このブログのメインテーマです。

しかし、最近、気づいてしまったんです。

私の場合、稼いでも稼いでも、なぜか貯まらないなと・・・・。

②支出を減らす

今回はここに着目しました。

特に支出の中でも大きいものが

ですね。

以前、お酒の支出については書きました。

支出の減らし方!! 【飲み代編】

今回は、家にメスを入れてみました。引っ越しました。

家賃20万円→家賃9万円へ

かなり頑張りました。

生活水準って基本的に、上がっていくことはあっても、下がることってなかなかないですよね。

でも、一度くらい下げてみようと思って、思い立ちました。

浮いた十万円はどんどん投資にまわしていく予定です。

ちなみに、スペックはこんなに悪くなりました。

通勤時間:10分→45分

最寄駅からの徒歩の距離:3分→15分

東京都23区内→東京都ですらない住所

徒歩通勤→ぎゅうぎゅう詰めの満員電車

60平米→45平米

自分の中で、耐えられる限界までやったつもりです。

実際、通勤はすごい大変です。

でも、意外に、感じていることがあります。

幸福感と、生活水準は比例しないかもしれない。

今まで私は、幸福感と生活水準はあるレベルまでは比例すると考えてました。

安い肉ばかり食べてる人と、高い肉をいつも食べれる人。

ゴキブリの出る築30年のマンションに住む人と、虫も出ないタワマンに住む人。

同じ幸福感であるはずがないと思ってました。

でも、今回実際に生活水準を下げてみて思ったのは

「あまり変わらないな」ということでした。

いろいろと理由を考えてみたのですが、答えは

「関わっている人が同じだから。」

だと思いました。

結局、住居や食事なんかも、

誰と住むか、誰と食べるか

のほうがはるかに幸福感に与える影響って大きい気がします。

当たり前のことなんですけどね。

結論:住居と幸福感はあまり比例しない

そんな気がしてます。

そう考えると、マンション買うとか、値上がりしないのであれば愚の骨頂だと個人的には思います。

幸せになれることにお金使いたいし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

日系大手証券会社を退職→フリーのアドバイザー。要するにフルコミッション営業職。株大好き。不労所得を年1000万作りたい。不労所得、金融リテール営業、筋トレ、自己啓発についてのブログを書いています。