【今週のマーケット】日経平均176円安!! トランプ氏議会演説迫る!! 買い??売り??

こんにちは、証券マン(@haya4ryo)です。

久しぶりに相場に関する話をします。

イベントを予想して投資するのはリスクが高いという記事です。

本当に言いたいことは後半です。

今日の日経平均

今日結構下げてきましたね。不安になりますよね。こういう日は。

でも、一目均衡表の雲の上限の19079円は死守しました。(好材料)

私は今日積み立て投資しましたよ。

強気強気。買いでいきましょう。

売りの原因の整理

主に二つですね。

  • トランプ大統領の議会演説前のポジション調整
  • フランス大統領選の不透明感

そもそも、米国株の割高感は強い状況ですので、仕方ない。

トランプ大統領の議会演説の内容

これを完璧予想するのは不可能です。

とはいえ、どこまで具体的に株高材料への言及があるのか。

今のところ、コンセンサスとしては、あまり具体策への言及はないのではないかと言われてます。

金曜日に、米国の銀行株が下げているのはその証拠でしょう。

ノムラ・セキュリティーズ・インターナショナルの24日付けのレポート

オーストラリア・ニュージーランド銀行の27日付けのレポート

これらの中でも

「具体策や新材料に言及される可能性は低い」

と述べられています。

事前のハードルが下がってきている

トランプ氏の就任時もそうですが、事前のハードルが下がると相場はよくなります。

今回もサプライズ好材料に期待です。

とはいえ、米国株はずいぶん上がってますので、判断難しいですよね。

私は迷って、演説前に買いました。

これで下がっても、まったく相場が崩れる状態ではありませんので、買い増せばいいだけです。

ただですね、その前に、ひとついいたいことがあります。

イベントのたびに迷う投資は、心理的ストレス強い

はずしたら、悔しいですもんね。

私はこういう予想をするのはあまりやらないようにしています。

イベントを予想する投資の仕方は難しいし、ハイリスク

今回もそうですが、イベントを予想して投資すること(=イベント・ドリブン)はもうやめませんか?

機関投資家とかの方が、イベントの内容に関する情報は持っているに決まっています。

もう少し先まで見て、中期トレンドを押さえた上で、イベントであがるパターンと下がるパターン両方考えよう。

個人投資家のイベントへの立ち向かい方

シンプルです。

今、世界的には、完全に株は上昇トレンドなのですから、今回のイベントで、

「上がって買えなくなるリスク」を考えて、事前に買うべきだと思います。

もし下がったら、押し目がきてラッキーと考えて、もう一発買う。これしかないです。

逆に世界的に株が下落トレンドであれば、逆の行動です。

イベントが起きて上がるかもしれませんが、それでもポジション調整して売却しておくべきです。

私はこういうやり方しかないのではないかと思います。

迷ったら、中期トレンドに従いましょう。

大きく勝てる考え方ではないかもしれませんが、負けない考え方です。

トレンドに関する勉強になる記事

@T.Kamada 氏のこの記事をぜひ読んでください。

株の話、経済の話、何の話だろう?: 「アップトレンドだから買いましょう」では話にならない!?

簡単にまとめますと

・トレンドに乗ると儲かりやすい

・トレンドが上がってるから買いましょう!では説得力がないのであれこれ理屈をこねることになる

ということです。

黙って買え!!ってことっす。

T.Kamada氏は非常に米国株に詳しく、カリフォルニア在住のため、フレッシュな情報を流してくれます。

投資家ならぜひチェックするべきアカウントです。

では、証券マンでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)