2017年 不労所得日記 推奨銘柄 ソニー(6758)を解説

こんばんは。証券マン(@haya4ryo)です。

先日、推奨銘柄を5つ紹介しましたが、あまりに雑だったので、細かく解説していきたいと思います。

まずは、皆様よくご存知のソニー(6758)を解説します。

かつてはウォークマンやプレイステーションで有名ですよね。

リーマンショック後は輝きを失っています。

輝きを失ったソニー(2008~2012)

ソニーといえばカッコいい。

そんな時代はとうに終わりました。

今はみんな、リンゴが好きです。

かつては大流行したプレステも、スマホゲームに淘汰されつつあります。

ウォークマンは、i-pod(iphone)に淘汰されました。

SONYからAppleへ。ブランドは移り変わったように思えます。

SONYといわれて思いつくもの、今ありますか??

多分ないと思います。

ヒットを出せず、苦しんでいます。

底入れしてきた兆し(2013~現在)

それがですね、よくなってきたんです。

ようやくですが・・・。

今が良くなる前に株を買える最後のチャンスでしょうね。

要因はいろいろありますが、3つ上げます。

金融分野が収益の柱として安定してきました。

ソニー生命をはじめとする金融分野です。

あそこ、顧客重視で本当にいい会社です。

顧客の利益=会社の利益=従業員の利益

という当たり前のことをしっかりやっている会社です。

あんなに顧客重視の、金融関連の会社、他にないと思います。

(私がスカウトを受けた記事も合わせてご覧ください。)

ソニー生命のスカウトを受けた話

イメージセンサーがバカ売れ中

スマホ用のイメージセンサーが今のソニーの核です。

世界シェア1位です。

また、5年ぶりに新構造のイメージセンサーが発表になりました。

今後は自動運転やドローンへの活用も期待。今後のソニーの核になってくる成長事業です。

PlayStation®VRはすごいぞ

皆さん、やったことありますか!?!?!

私は友達の家でやったんですけど、これすごいですよ。

ぜひやってみてほしいです。

音楽もCD→ライブへ消費が移っていますよね。

「体験型消費」というのがキーポイントなのだと思います。

そこを鑑みますと、バーチャルリアリティー(VR)は、まさに体験を与えるためのものです。

最近の、遊園地(TDLやUSJ)でもこのような仕組みのアトラクション多いですし、人気ですよね。

スマホゲームとの差別化という意味でも、この分野はゲーム業界でニッチな感じで伸びてくるのではないでしょうか??

営業利益と株価

営業利益を見てください。

2007年の3,745億円が最近では一番です。(当時の株価は5000円~6000円程度)

実は、次の決算では、その2007年の数字を超えてくる予想が出ています

2018年3月期(来年の決算)の予想利益は5000億円程度です。(今の株価は3521円

当時と今では適正なPER水準などが違いますが、あまりに割り引かれすぎではないですか??

利益が2007年の1.3倍になるわけですから、株価がせめて当時と同じくらいにならないとおかしいです。

5000円~6000円くらいはいくのではないでしょうか。

以上証券マンでした。

 

迷ったらSONYを買おう!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

日系大手証券会社を退職→フリーのアドバイザー。要するにフルコミッション営業職。株大好き。不労所得を年1000万作りたい。不労所得、金融リテール営業、筋トレ、自己啓発についてのブログを書いています。