【金融クラスタ】資格はクソだが役に立つ!!(異動と転職に)

こんばんは、証券マン(@haya4ryo)です。

突然ですが、TOEIC受けるんです。

焦ってます。

ノルマのきつい、リテール営業

私は今、証券会社でリテール営業しています。

具体的には、株、債券、投資信託を富裕層に販売しています。

毎日、毎週、毎月、ノルマに追われる日々です。

毎月2000万円ほどの手数料がノルマです。(販売金額でいうと、6億円くらい必要。)

やっぱり、疲れます。

特に、詰めの会議は地獄のように疲れます。笑

ブラック?激務?証券マンの実態お伝えします 昔の朝会議編

本社の専門部署に行きたい!!

私、資産運用コンサルにも飽きてきたので本社に行きたいんです。

○ーニングサテライトに出て、相場見通しとかお話したいんです。(真顔)

大企業に居ればテレビに出るチャンスも結構あります。

いろんな業務が出来るのが大企業の醍醐味です。

資格がなくて、社内公募に落ちてしまった。

証券マンは去年、専門部署の社内公募を受けたんですが、落ちてしまったんです。

自分でいうのもなんですが、営業の数字は申し分ありませんでした。

でも、資格をまったく持っていなかったんですね。

特に英語です。金融業界の本社部門は、ほぼ英語が必要となってくるみたいです。

私は6年間、必死で営業だけをしてきたので、英語にまったく触れてませんでした。

というか、営業の数字さえ上がれば好きな部署に行けると信じていました。

でも、現実問題そんなには甘くありませんでした。

資格はクソだが役に立つ(転職と社内異動のみ)

資格ってクソだと思います。

TOEICのスコアがあっても、まったくしゃべれない人たくさんいるし。

FPや証券アナリストなんて取った瞬間内容忘れますし。

でもね、

部署異動とか、転職のときって、資格がすごく効いてくる思います。

新卒ではないので、採用する側にもそれなりの根拠が必要なんですね。

資格というのは、その根拠を後押ししてあげるものになります。

例えば、「TOEIC800点」を持ってるだけで、仮にまったく英語がしゃべれなくても、採用側の言い訳になります。

社長「あいつ英語まったくダメじゃねーか!!」

採用者「すみません!!TOEIC800超えだったので採用してしまいました…」

社長「あいつ、マジであほじゃねーか!!」

採用者「すみません、FPを持っていたので一応最低限の知識はあるのかと思い採用しました…」

といった具合です。

3/12にTOEIC、4/23にアナリスト一次(証券分析)を受けます。

くだらないと思いつつ、資格を取ります。

金融業界においてはやっぱり大事だと思うからです。

とりえず、TOEICで800点目指します!!

結果はこのブログで報告します。

(アナリストは一次試験が残り1科目なので余裕です。)

金融クラスタで仕事やめたいと思ってる皆さん、資格取りながら、希望部署を目指すのもいいかもしれませんよ??

1 個のコメント

  • MBAは興味ないんですか?
    人生の夏休みらしいですよ!
    若くて知的で育ちの良い学友と、青春をもう一度・・・

    大きなキャリアチェンジは二十代でしか難しいですし、会社で上の階に行くならケツ拭いてくれる同窓のパイセンはマストですし。子供も、放っておけば英語を話し出すし!(きっと笑)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    日系大手証券会社を退職→フリーのアドバイザー。要するにフルコミッション営業職。株大好き。不労所得を年1000万作りたい。不労所得、金融リテール営業、筋トレ、自己啓発についてのブログを書いています。