証券会社に入社するメリット5つ!!

ニーハオ。証券マン(@haya4ryo)です。

今日は証券会社の魅力について伝えたいと思います。

ゼッタイ入社すべき。

私はあなたを待っています。

理由1 出世と学歴が一切関係ない

金融機関でこんなに学歴関係ない業界はない。

基本、実力のみ。営業ならば営業成績。

慶応や早稲田卒の同期でも、私よりも出世が遅れている人たくさん居ます。

類似業界として銀行がありますが、あそこは超学歴社会です。

日東駒専で入っても出世できません。

やっぱり、大企業入るんであれば、出世はしたほうが得です。

理由2 優秀な人間がどんどん脱落する ←1番のポイント

証券会社ってとにかく人がやめます。

「え?最悪じゃん….」

違いますって。

残ってるだけで、出世していっちゃうの。

ライバル、減る減る。

びっくりするよ本当。

で、普通にしているだけで、5年くらい経つ

「トップセールス!」

なんていわれたりします。

でも、ね。

トップセールスってね。

頭もよくないし、カリスマ性だってそんなない

根性あるだけの人も多いのが実態です。

大体、本当にスーパーセールスだったらさ。

やめて起業するでしょう。

それをやらないっていうのは自信ないんですよ、結局。

残っている人なんて、基本はみんな凡人凡人!!

理由3 そもそも、高給!

入社5年目で1000万行きました。

管理職になると2000万位だと思います。(ここは不確かな情報)

収入に不満を持つことはあまりないです。

理由4 身につく知識の価値が高い!

これは本当に大切なこと。私にとってはこれが一番大きかったです。

「お金」なしで暮らせる人はいません。

何をしてても必要なものが「お金」です。

「お金」に関する情報はとにかく価値が高い。

「お金」のスペシャリストはフィナンシャルプランナー(FP)ではないですよ。

証券会社の人間です。

だって毎月、お客さんのお金で10億円分くらい、金融商品買うんです。

失敗したり、成功したりするんです。

確かに人のお金ではあります。

でも、やっぱり、株や為替などの金融商品は、買ってはじめてそれがなんなのかわかります。

買わなきゃわからない。

この買うという行為の経験はプライスレスですよ。

いくらお金を払っても得られるものではありません。

「お金」に関する知識・経験は、「プライスレス」 by証券マン

理由5 綺麗な女性、爽やかな男性が多い

金融機関は見かけも大事。

イケメン・美人が多いほうがいいに決まっています。

私も、毎日、

「俺も独身だったらなぁ・・・くそぅ・・・」と

後輩をいやらしい目で見ております。

社内恋愛や社内結婚もそこそこ多いです。

結婚すれば、ダブルインカムで一石二鳥。

リスク説明

いかがでしょうか。

一人でも多くの根性ある明るく元気な若者が証券会社に入ってくることを願っています。

尚、

以下の二つの記事がこの職業の主なリスクとなっております。

リスク内容を良くご理解いただいた上で入社くださいますようお願いいたします。

(あ、私も昔、鬱病で会社辞めかけたの、忘れてた☆)

ブラック?激務?証券マンの実態お伝えします(10年前ver)

【証券会社の実態】メンタルがボロボロになり、精神科に通いつつ仕事してた話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

日系大手証券会社を退職→フリーのアドバイザー。要するにフルコミッション営業職。株大好き。不労所得を年1000万作りたい。不労所得、金融リテール営業、筋トレ、自己啓発についてのブログを書いています。