1月はマザーズに注目!!銘柄も紹介してるよ。

こんにちは。証券マンです。

12H働いたあとにブログ書いています。しんどいです。

どうしてもいいたいことがあったので、ブログを書いています。

いつもの積立とは趣旨が違いますのでご了承を。

長期投資ではなく、短期資金で10%~20%を狙う為の情報になります。

疲れているので結論からいきますよ。

1月はマザーズ市場の銘柄を狙おう!!

とにかくそういうことなんです。

買ってる人は儲かってます。めちゃめちゃ動いてます。

今週中ならまだ間に合います!!

来週だともう遅いですよ!!こういうのは早さが大切!!

納得した人は明日の朝にでも成り行きで買い注文出してくださいね!!

では、解説はじめます。

半年間の日経平均とマザーズ指数の値動きの違い

まずはチャートから。上が日経平均。下がマザーズです。

トランプ氏就任以降激しく上昇している日経平均に対して、

まったく動いていないのがマザーズです。

マザーズは実に半年ずっと上がったり下がったりで調整していました。

しかし、2017に入って急速に動きが変わってきています。

新年はマザーズ優位、日経平均は劣後

1/4を起点にして、

青い線のマザーズは3%上昇

ピンクの日経平均は逆に2%程度下落しています。

 

トランプ氏就任の11/9からの2ヶ月間は日経平均優位の相場が続いてきました。

ここから2ヶ月はマザーズ優位の相場が来るはずです。

トランプ相場を牽引したのは海外機関投資家です。

しかし、この買いはいったんお休み。一服。

今後の買いの主役は機関投資家から個人投資家に移ると思われます。

したがって、マザーズは動いてくるはずです。

下のチャートを見てもわかるとおり、まだ高値から2割安いところにいます。

下を見てください。一目均衡表上も雲を上抜け。強気サインです。

なんの銘柄がおすすめ??

NEXT NOTES 東証マザーズ ETN(2042)

Gunosy(6047)

エナリス(6079)

エニグモ(3665)

注意点

15%取れたらすぐ売却を。

場合によっては10%でも利食いを検討すべき相場です。

深追いは禁物です。

基本的に、マザーズ銘柄に関しては、会社の中身とか業績はあまり知らなくて良いかと思います。

たとえば、

グノシーはニュースアプリ

エナリスは電力調達支援、エニグモはネット通販です。

まったく違う業務内容でも、同じ時期に上がってくることが多いです。

エナリスとエニグモなんてそっくりのチャートですから。

こういうのは、流れに乗るだけです。

他に理屈はありません。

では、お疲れ様でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

日系大手証券会社を退職→フリーのアドバイザー。要するにフルコミッション営業職。株大好き。不労所得を年1000万作りたい。不労所得、金融リテール営業、筋トレ、自己啓発についてのブログを書いています。