「下がったら買う」という愚かな人

こんにちは。証券マンです。

1月~3月は100記事目標で記事を書いていきたいと思います。

証券会社は営業目標(ノルマ)が厳しいので

平日は、なかなか記事が書けませんが、、、

休日に書き貯めるなど工夫していきます。

皆様の役に立つ記事をかけるよう心がけるのでぜひ見てください。

損はさせません!!(証券マン的きめ台詞)

証券マンの2017投資計画

さて、本日は私の今年の運用計画についてお話します。

  1. 積立投資を月10万

  2. ボーナス別枠として50万自由に投資

でいきます。

積立投資のやり方

商品は

eMAXIS 先進国株式インデックス

これを買います。

毎月10万円、買います。

簡単すぎますが、宜しくお願いします。

さて、ここからが今日のテーマです。

今は株が高いから買わないほうがいいんじゃないの??

上記の質問よく受けます。

トランプ的にいうとこの質問は

NO!WAY!!(論外!!)

 

「下がったら買う」という人

よくいるんです。

こういう人。

これをいう人は基本的には一生買えません。

30年預金しててください。

下がったら買う人に、二つの質問

  1. いつ下がるのですか??

  2. いつ、「底だ」と判断するのですか??

答えは、、、

「わからない」

そう。わかりません。

2016年、トランプ氏が就任したら相場は暴落する。

誰もがそういって疑いませんでした。

しかし、結果は逆でした。

アナリストだろうとストラテジストだろうと大物投資家だろうと

相場の方向性を予想するのは難しいです。

相場を予想するのは基本的には不可能だというスタンスで臨むんです。

予想できない相場への処方箋

とっておきの方法をお教えします。

本当にシンプルです。

それは、

「毎月買う」

これだけです。

ただ、ポイントがあります。

それは、買ったものが下がってきたときです。

買ったファンドがどんどん下がる

1月~6月で60万買っているのに、評価額が45万。

あれ、15万損してる。

あれ?

買っても買ってもお金が減る。

資産が8割

6割

いやいや半分になってしまった。

こんなときです。

こんなときはどうするのか。

答えは簡単です。

それは

預金切り崩して、ボーナス突っ込んででも、さらに買うんです!!

簡単でしょう。

ただ、これをするのはすごく難しいです。

こういう場面で解約して投資をやめる人の多いこと多いこと。

実践できれば年間7%くらい簡単にいきますのでご心配なく。

 

余談ですが

個別銘柄は考え方がまったく違います。

あくまで、個別銘柄は安いときに買って高いときに売るのが基本スタンスです。

今回の方法は

  1. 長期投資

  2. インデックス投資

  3. 積立投資

の3条件の場合のみですのでお間違いないようにお願いします。

2 件のコメント

  • こんにちは、ブログ拝読させていただきました。参考にしています。質問があります。条件2の「インデックス投資」のところですが積立投信が米国配当貴族投信になると、これはまた考え方は変わると思いますか?証券マンさんの個人的なご意見を教えて頂ければと思います。時間のあるときで結構ですので、よろしくお願いします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)